三人の作業員

振動篩機

クレーン

産業廃棄物処理の現場で活躍する機械のひとつに、振動篩機があります。振動篩機は産業廃棄物をふるいにかけて大きさを選り分けるもので、細かく振動させることで高い選り分け能力を発揮します。

Read More..>>

機械の種類

手にファイルを持つ作業員

産業廃棄物処理を行うにあたって、振動篩機は大きな役割を果たしています。砕石の選り分けだけではなく、木くずなどの選り分けをするのであればスイングスクリーンが使えます。また、トロンメルというタイプも存在します。

Read More..>>

生まれ変わる

ヘルメットとパソコン

振動篩機などの機械を使って産業廃棄物処理を行い、中間処理場にて加工すると、廃棄物はいろいろなものに生まれ変わります、鉄くずなどは再び素材として蘇り、木くずなどはRPFという燃焼効率の高い燃料になります。

Read More..>>

リサイクル

女性の作業員

産業廃棄物処理の現場は、昔に比べてかなり様変わりしました。
以前は、産業廃棄物が出たらろくな処理もせず、そのまま処分してしまうのが普通でした。高度経済成長期は別名大量消費時代とも呼ばれており、どんどん高くなる需要に対して製品や消耗品がどんどん生産され、どんどん消費され、そしてどんどん廃棄されていきました。まともな処理もなしに処分された産業廃棄物、つまりただのゴミはもちろん飽和状態となり、ゴミ処理場は足りない状況となっています。また、産業廃棄物がもたらす環境への悪影響も指摘されています。

この悪い流れが変わったのは、平成3年、法律が改正されたときです。法律が改正されたことにより産業廃棄物処理に関するルールが抜本的に改善され、これまで不正に廃棄などを行っていた業者などは淘汰されていきました。そして、法律が改正されてから二十年と少し、産業廃棄物処理業者はかなりの割合が入れ替わったと言われています。それだけ、悪い部分が排除され、よい部分が伸ばされていったのです。

よい部分が伸ばされていった結果、産業廃棄物は環境への負担が最小限になるように処理されるようになりました。具体的には、リサイクルされるようになったのです。地球温暖化を始め、人間の活動による環境への負荷を軽減することが叫ばれており、そのなかで産業廃棄物処理が担える役割は大きくなっています。技術の幾度とない改良により、産業廃棄物の多くは捨てることなくリサイクルできるようになっているのです。